読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(^p^)ブログ

いろいろ書いていくとおもうよ

筑波にきて2週間くらい経った

どうも、お久しぶりです。

筑波の編入試験を受けるかたはそろそろスパートをかけるころでしょうか?

こっちにきて様々なことがあったので備忘録的にまとめてみようと思います。

こんな生活してるんだ!ええやん!みたいなモチベにしていただけたら幸いです。

 
*つくば上陸

 

 

前の大学で退学証明書をもらい、夕方ごろ筑波に上陸しました。

 

受験会場はメディア創成の校舎(春日エリア)で、本学や入居予定の寮にはまだ行ったことがなかったので下見がてら行きました。

徒歩だと回るのにめちゃくちゃ時間がかかりました。

ちなみにこの日、台風かってくらいの嵐が吹き荒れていました

 

宿舎入居

今年度新しくできた、国際交流を目的に留学生と共同のシェアハウス型宿舎の

Global Villageに入居しました。

やはり新築だけあってきれいで、設備もすばらしかったです。

ちなみにぼくはユニットの留学生とほとんど交流できてません

 

魔の風

筑波大学といえば自転車、入居してすぐに自転車を買い、サイクリングを楽しんでいましたが、つくばは風が強く、自転車が風にあおられ進まないという事態が起こりました。

筑波大学の駐輪場がM治大学の某サークルの画像と比べられてましたが、まさにあんな感じでした。

 

新歓潜り

3編でも新歓いったろか、みたいな軽いノリで1年生向けの新歓に顔を出してました。

普通に考えたらなかなか迷惑ですよね(笑)これ。

だけども筑波大学全体編入生にやさしく、

内部の2年生も「あ、3編なんですね!よろしくおねがいします!」

みたいな感じで優しく歓迎してくれました。ありがてえ。。

 

入学式

つくば大会議場で学類ごとに入学式が行われました。

中は新入生の親御さんがたや、報道陣、ピコ太郎のコスプレをした人までいました。

3編の同期4人と歩いて行って、少し遅刻してしまい、立ち見となりました。

正直あまり内容は覚えていません。

が、IMAGINE THE FUTUREという筑波のイメージソング?がすごく壮大で

すげえ、ってなったことだけ印象に残っています。

 

 

 

 
同期との邂逅

入学式のあとはオリエンテーションがあり、ここで3編全員とやっと顔合わせしました。今年度の編入生は16人、うち高専出身10人、大学出身は6人でした。例年高専生しかいないのが通常なのですが、今年はそういった意味でイレギュラーでしたね。

バックグラウンドも様々で、多様性があるなあと思いました。

皆の話を聞いてると、皆やはり知識も思考力もあるし、何より積極的で、

自分のやりたいことにむけて貪欲に取り組んでいる印象がありました。

(今度、3編の中でも最強の方々が何か作ってコンペに出すとかいってたような。)

 

3編新歓

内部生の同期(3年生)の計らいで、

内部生と編入生の合同新歓パーティを開いていただきました。

途中から入った異端だ、みたいなそんな空気は全くなくて、暖かく迎え入れてくださいました。

ほかの大学ではまず考えられないことだと思います。本当によかった。

 

 
施設

入学してからいくつか施設を回ってみました。

*春日エリア

こじんまりとしたまるで高校のようなキャンパスです。

春日の食堂もわりとふつうの学食、といった印象です。カレーがうまい。

24時間はいれるコンピュータ室があります(レポートで死ぬ日がくるんだろなあ)

*本学

こちらは春日とは対照的にまさに大学、という感じのエリアです。

自転車であふれています

本学にはスタバがあることで有名な中央図書館というとても大きな図書館があります。

いろんな文献があります。なかなかすごいです。

単位変換 ~仁義なき戦い

はい。これを語らずしてという話題ですね。

前の学校で習得した単位をメ創の科目に読み替えていく作業です。

1週間で単位変換表をまず作成して、そこから1日おきにチェックされバツがつき、直して提出、というサイクルを3回ほど繰りかえします。

 

 

感想を言うと、非常につらいです。

 

 

まず変換表を作るのが非常にしんどかったです。

というのも、

読み替え対象の科目は必修以外は自分で科目一覧から探して当てはまる科目を探さなければなりません。

メ創の卒業要件として自由科目9単位、基礎教養科目15.5単位、専門基礎22単位が設定されていて、自分が取得した科目から変換できそうな科目をそれぞれの区分でシラバスから探すという作業をしていました。

 

また、読み替えできない科目は複数対1、複数対複数の合わせ技で変換することもできるのですが、うまい具合に合わせないと却下されてしまいます。

僕も複数対複数の合わせ技を考えに考えました。

実験や演習(高専生だと卒研がつかえるよ!)は割と何にでも振り替えられる科目なので、

それらの科目の使いどころもかなり練って提出しました。

頭を使う作業でした。。。

 

 

また、EXCELでつくって提出するのですが、

レイアウトにかなりいちゃもんをつけられたので

そこも地味に面倒でした。

 

EXCELになれていないとこういうつまらないミスで神経すり減らすのでエクセルツカエルヨウニシテオコウネ

 

 

 

で、なんとかして75単位ほど認定してもらえることになった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かと思いきや。

 

 

OKでとおったはずの科目もあとで認定されないことがあるそうです。

orz・・・・・

 

これからの動向を温かく見守ってくださいね・・・

 

 

こんなところでしょうか。

 

とにかく筑波はとてもいい環境だと思いました。

モチベーションが高くて優しい仲間たち、質の高い教育、

素晴らしい設備、活気のあるキャンパス、豊かな自然・・・

自分が求めさえすればなんでもできてしまいそうな環境がそこにはあります。

 

今筑波を受けようと励んでいる編入志望生はあともう少しがんばればそんな環境で学べる権利を得ることができます。

 

けんきゅうのもりで待ってるぜ!!

Good Luck!!